第6回継続支援のための助産活動研究会
 今日5日は、当会主催の第6回継続支援のための助産活動研究会でした。

この会は、妊産婦さんや産後の健康、母乳育児を
勤務助産師と地域で活動する助産師が継続して支援するために
よりよい連携をとろうという目的で始めました。

この企画を立てたのが地域助産師。
家庭に戻った産後の方たちがどんなことで困っているのか、
地域の現状を伝えたい。
勤務助産師との連携をとることで、
助産師の支援の質を高めたいと考えたのです。

ですが・・・
第5回までは毎回、この考えとは違う方向に進んでしまい
終わった時には、むなしい気持ちが心の中に
いっぱいになっていました

実は、今回も違う方向に進むなら、
もうこの研究会をやる意味がないかも。
終わりにしようと話し合っていたのでした。

ところが・・・
今日の研究会は今までとは違いました
助産活動研究会

地域と勤務で、事例を交えながら情報交換し、
様々なことを伝え合う事ができました。
・骨盤ケア
・腹帯
・産後の安静とサポート
・母乳育児の支援 等々

時間が足りないくらいです。
「今日はよかったね」と地域助産師同士、
気持ちを確認しあいました

勤務助産師も地域助産師も、
フルにお仕事をした後の会ですが、
連携をとるために、意識を高く、
時間をつくることは大切ですね。

勤務・地域、それぞれが力を発揮して
よりよい支援をしていきましょう
posted by: chibashi-mw | 交流会 | 23:02 | - | - | - |